新穂高ロープウェイ一泊二日の旅

私はクリニックに勤めており、祝日や先生が学会出席のため臨時休診になることが時々ありました。

昨年の11月3日(文化の日)の次の日がたまたま先生の学会と重なり、二連休となったので念願の新穂高ロープウェイへ一泊二日の一人旅へ出かけることにしました。

地元の駅でロープウェイの観光セットの券を購入、事前にホテルと高速バスを予約し、現地の気候や気温を調べていざ高山へ。

現地へ到着、天気は曇り時々晴れ、バスセンターのまわりは高山の山々で囲まれており、所どころ雪が残っていました。

ホテルへ荷物を預け、まずはロープウェイの途中にある飛騨大鍾乳洞へ向かうはずがホテルがわかりにくいところにあり、一本バスを見逃してしまいました(泣)

駅から近いこともあり大体の場所で把握していたので痛い目にあいました。そのあとのバスは30分後の予定だったので若干の時間をロスしながらも移動開始。観光セット券に含まれていた飛騨大鍾乳洞へ到着、鍾乳洞の中を見ている途中観光している女性と話す機会があり、同じ一人旅同士だったのは嬉しかったです。

鍾乳洞を観光後はロープウェイ行きのバスに乗り、再び移動。現地についた時は日が沈みかけの時間で、とっても神秘的な雰囲気をまとっていました。

ロープウェイの待合室では友達や恋人同士で来た人や、海外から見えた方もおり賑やかに(一人旅だとちょっぴり切なくなる瞬間)。

山頂では雪が降っており、オリジナルキャラクターの雪だるまと記念撮影(これもちょっぴち切なくなる瞬間でしたが、証拠欲しさに撮影)。

ふもとに戻った時には日が暮れており、バスの中で休みながらバスセンターへ。途中、ゲームアプリのポケモンGOの中でカイリュウ(レアポケモン)に遭遇出来たのも良い思い出。

無事にホテルへ到着し、次の日はバスセンターのまわりを観光がてらお土産を購入し帰宅しました。

私自身今回の旅での満足度は7割ぐらいだったのですが、

嬉しかった事は同じ一人旅の方と出会えた事や雄大な自然と触れ合えた事あと地元の方が暖かい人が多かったです(^^)

ちょっぴり残念だった事は、

スケジュールが遅れた事と山頂で雪が降っていたので晴れ間が見えなかった事です。天候はどうしても変えられない事なので、また今年もリベンジしてみようと思います。

髭を生やしている事に違和感を持ったので、脱毛したい

23歳の頃から口髭を伸ばし始めました。最初は馬鹿にされない様にする為生やしたのですが、特に誰かが馬鹿にする事も無く15年程経ちました。

若い時の写真などは皆髭を生やした物しか在りません。この頃は特に邪魔だと思う事も無く、唯一大変だと思事は何日かに一度髭をそろえる事でした。

冬場などは鼻水が止まる事も在り便利でした。何年も髭を生やしていると顔の一つになってしまい在るのが当たり前になりましたが、たまに髭をそろえる為にカミソリで少しずつ剃って行きました。

すると良い時ばかりでは無く、口元の横を剃るのですが失敗するとチャップリンの様な髭になってしまう事も在ります。

両脇がくるっと上に上がってしまい、とても偉そうになってしまいます。ある日突然の事でした、何気に鏡を見ていると何で髭を生やしているのかと言う事です。

この日から外で髭を生やしている人を見ると気になって仕方無く、疑問に思う様になりました。色々な人を見たのですが、似合って居る人も居れば、止めた方が良いと思う人まで様々でした。

自分の顔の髭が邪魔に見えて来て、鏡を見る度とても変に思う様になりましたが、髭を剃る勇気も無く、邪魔な気持ちが段々と膨らんで行きました。

一度変だと思うと何故と言う気持ちが勝ち、朝や晩に鏡に映る顔の髭が滑稽に見え始めました。結婚をして子供も居たので、毎日少しずつ髭を切り、段々と馴らして行ければと思い始めました。

何か月も時間を掛けないと無理が在るのでしょう、2週間程でつるつるの肌になり、家族に変だ変だと言われ、又伸ばし始めてのですが、矢張り変だとの思いから次は一気に剃りました。

ここで気付いた事が在りました。伸ばしたり剃ったりして両方の顔を馴らして行けば良いのです。剃ってみて髭は無い方が良いです。とても楽で良いです。

できることならいっそのこと脱毛をしてしまいたいです。名古屋にはたくさんヒゲ脱毛ができるところがあるようなので、今度カウンセリングに行ってみようと思います。

※参考サイト→ヒゲ脱毛名古屋